スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

心臓病 治療

心臓は、萎縮して血液を拍出し、もとにもどる時に上流の心房をとおった血液が心室に流れる。
そしてそれに結びついて肺動脈や大動脈から血液が心臓に帰ってくると云う仕組みに為ってる。

ニューヨーク心臓協会は、心不全の重傷度を以下のように分類している(NYHA分類)。

ニューヨーク心臓協会の心不全の重傷度分類(NYHA分類)
1度
心疾患があるが、体活動が規制される事のない患者。
ふつう体活動では殊更に疲労、動悸、呼吸困難もしくは狭心痛をきたさない。

2度
心疾患が在り、体活動が規制される患者。
安静時は無症状だが、ふつうの体活動で疲労、動悸、呼吸困難もしくは狭心痛をきたす。

動悸は、心臓が衰退した時に生じる。
また、「心臓神経症」と云って、現実には心臓は丈夫であるためすが、動悸や息切れ、胸痛、頻脈等の心臓病の症状が現れる病気でも、生じる。
心臓神経症は、ストレスという心理的負荷や懸念が原因と考慮される。
各種の心臓検査を実践しても心臓に異常がみられないだけでなく、心臓のはたらきに影響をあたえる病気も認められない時に、心臓神経症と診察される。

先天性心疾患が胎児にみられるように成るのは、妊娠2ヶ月頃までである。
それ以後は、どのような条件に拠っても生起する事はないと云われる。
と云う事は、事先天性心疾患に限って云えば、妊娠2ヶ月までを無事にすごす事が極めて重要だと云う事である。
風疹等のウィルス感染にかからないように注意し、薬物治療を受けるケースの場合は、妊娠している旨をドクターに伝達する事が肝心である。
また、X線検査を受ける際にも、その旨を伝達するべきである。



スポンサーサイト
12 : 14 : 12 | 日記 | page top↑
| ホーム | 次のページ>>

ブログランキング

ブログランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (112)

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

お気に入り








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。